「橿原神宮前の住宅」建て方工事

house

「橿原神宮の住宅」は、ようやく建て方工事まで進みました。
鉄骨造のこの住宅は、木造と違って柱や梁といった構造部材をすべて鉄骨業者の工場で事前に加工制作することになります。
その工場制作の前段階には、制作の為の図面で構造だけではなく、給排水や電気といった設備関係の取り合いや、窓や意匠の細かいところまで検討する必要があり、このプロセスが工事の中の大きな山場です。

写真はその制作図通りに鉄骨部材ができているかどうかの、製品検査の様子です。
柱梁の長さや大きさはもちろん、超音波探査試験を行い溶接の精度まで検査を行います。検査は協働している構造設計事務所のエスキューブ橋本さんと行い問題無く合格しました。

IMG_2671

IMG_2676

建て方工事は晴天に恵まれ、無事に終えることができました。小さな模型で確認していた空間が、実際のサイズで立ち上がるこの時は一番ドキドキする瞬間です。工事中の周囲をウロウロしながら、これまで机上で決めてきた床の高さや建物の大きさ、配置の余白などを身体的な感覚をもって再確認し、これから決めていくデザインの部分に思いを巡らせていました。

IMG_2791

IMG_2795

« »