news

新建築「住宅特集」掲載のご案内 ​

blog news

2017.2018年に発売された掲載誌のご案内です。
新建築「住宅特集」2017年10月号に「八田家住宅」、2017年12月号に「橿原神宮前の住宅」、また2018年11月号に「とのまビル」が掲載されました。
この雑誌は建築業界の専門誌になりますが、建築家にとっては、様々な住まいの知見と考えをもたらしてくれる存在です。
例えば、家づくりで施主の考えを客観的に示す建築家のように、雑誌の編集者もこの家族この場所この時代に、この建築を建てる意義があるのかといつも投げかけてくれます。
また、先日撮影したインテリア雑誌「LiVES」では、編集者自身が現地撮影に立ち会い、建物の魅力を読者に伝えるべく自らの目をもって撮影にのぞまれていました。
「八田家住宅」のお施主さんである陶芸家の八田さんを見ていると、考えをギャラリーオーナーとお互いにぶつけ合うことで、実際の使い手を意識したものづくりの形にたどりついているのがわかります。
建築においても、様々な編集者とのやりとりの中で、自身の作業を客観的に見て、ものづくりの肥やしにしていきたいと思います。

上写真 / 2017年10月号「八田家住宅」
中写真 / 2017年12月号「橿原神宮前のH邸」
下写真 / 2018年11月号「とのまビル」

 

 

「橿原神宮前の住宅」内覧会のご案内

news

梅雨入り宣言が気になる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、奈良県橿原市で設計監理してまいりました 住宅の完成が近づいてきました。 つきましては、お施主様のご厚意により、内覧会を開催する運びとなりましたのでご案内させていただきます。
ご多忙中とは存じますが、ぜひ足をお運び頂ければ幸いです。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

場所:奈良県橿原市石川町

日時:6月 10日 (土)、11日 (日) 11:00 – 17:00

申し込み先:info@tonoma.net

・詳細な住所はお申込み受付時にお伝えいたします。
・近鉄 橿原神宮前駅 より 徒歩10分
・お車でのお越しの際は添付しています地図内のコインパーキングをご利用ください。

概要:
建物用途: 住宅
設計監理: とのま一級建築士事務所
構造設計: 株式会社エス・キューブ・アソシエイツ
施工: 株式会社 清原工務店
構造規模: 鉄骨造 2階建て

 

 

 

 

「LiVES vol,91」 「鶴橋のリノベーション」掲載

news

現在発売中のインテリア雑誌LiVESに「鶴橋のリノベーション」が掲載されました。今回の特集は「和のある暮らし」。古い建具や床の間のモデュールを起点にリノベーションした様子が、とても的確にまとめられています。その他にもリノベーションに役立つ情報満載なので是非手にとっていただければと思います!

MBS「 住人十色」で「高槻の町家」が放送されます。

news

昨年竣工しました「高槻の町家」が、1/7(土)のMBS「住人十色 」17:00〜で取り上げられます。

タイトルは「建て替えて不便を解消!光・庭・書を活かした家」。まさに住み手のライフスタイルと周囲の環境、それらを踏まえてどのように住み心地の良い住宅へと作り上げたか、これから建て替えを考えられている方にぴったりな内容となっています。

番組ホームページに次回予告も掲載されています。是非ご覧ください!

http://www.mbs.jp/toiro/backno/170107.shtml

 

「LiVES vol,90」 『腕良し!信頼良し!この設計事務所、リノベ会社に頼みたい!』特集掲載

news

先月発売しました「LiVES」12月号に、『腕良し!信頼良し!この設計事務所、リノベ会社に頼みたい!』特集に取り上げられました。
リノベについての考えなどを、Q&A形式で答えています。
全国の書店で手に入りますので、是非ご覧くださいませ!

「富田林の住宅」内覧会のご案内

house news

梅雨明け間近で夏の期待感が高まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
現在進めているプロジェクトの一つ「富田林の住宅」の完成がいよいよせまってきました。
そこでこの度、お施主様のご厚意により内覧会を開催させていただく運びとなりましたのでご案内させていただきます。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

日時: 7月 24日 (日) 11:00  – 17:00

申し込み先:info@tonoma.net

場所: 大阪府富田林市富田林町 寺内町内
・詳細な住所はお申込み受付時にお伝えいたします。
・近鉄長野線 富田林駅 より 徒歩10分
・現地周辺には駐車場がございません。

お車でのお越しはなるべくお控えください。

pdf:H 家住宅_オープンハウス

概要:
陶芸家の工房付き住宅です。
敷地は大阪で唯一の伝統建造物保存地区に指定されている富田林寺内町内、木造瓦屋根が連なる風景は当時の風情を今もなお感じることができる場所にあります。
その当時から残る細い路地に面した斜面地に建つこの住宅では、斜面地に沿うように住まいを、斜面地に張り出すように工房を配置し、ほどよい距離感を保ちつつ、保存基準である瓦葺きの屋根がものづくりの場と生活の場をつなぎ合わせています。
斜面を下るように続いていく内部空間、内外を結びつける木造軸組構造など、歴史的な街並み、周辺環境、そして生活が織りなす住宅空間を是非ご覧いただければと思います。

住宅の見所:
1.耐震構造設計に基づく金物と在来技術のハイブリッド和風住宅。
2.省エネに配慮した快適な住宅。アルミ箔付き高性能断熱材外張り工法の瓦屋根
3.風土にあった住宅。寺内町内の工務店と共に地域の景観を作る家造り。

建物用途: 工房付き住宅
設計監理:とのま一級建築士事務所
構造設計:片岡構造
施工:株式会社 清原工務店
構造規模:木造地上2階建て

当日連絡: 090-6558-5889(担当:河田)

 

IMG_1984

 

IMG_1982

 

IMG_1977

 

IMG_1990

 

IMG_2011

 

「鶴橋のリノベーション」庭工事

house news

昨年完成した鶴橋のリノベーション現場で庭工事を行いました。
「鶴橋のリノベーション」は築40年になる鉄骨造の建物です。お施主様のおじいさんがこの場所で創業した思い出深い場所と建物で、それをなんとかして再生できないかと進めてきました。

 

murai03

 

鉄骨3階建ての3階既存和室部分を吹き抜けにして外部に開放し、既存の窓や床の間を残したまま室内のようなプライベートガーデンとなっています。そこに面するように新しいLDKがあり、庭と一体となった広がりのある空間となっています。庭工事はこのプライベートガーデンで行いました。

植栽計画は植物デザイナーの古鍛治さん。古鍛冶さんも小さな頃から植物の図鑑などをみて知識を深められた方で、バルコニーの中の日当たりの善し悪しを考え最適かつ優雅なデザインを提案いただきました。
打合せ時では、奥様の植物に詳しい理由が、おじいさんが庭いじりが好きだった事を聞き、ルーツが詰まった新しい住まいになることを嬉しく思いました。

実のなるオリーブとレモンや、ノウゼンカズラやテイカカズラといった蔓系のものも植えられています。まだまだ余白もあるので、お施主様自身の手が加わり、梅雨以降、ブレースや窓、床柱に蔓がからまったり、建物から木々がはみ出るくらいエネルギッシュに育つ様子が今から楽しみです。

完成後の竣工写真はこちらをご覧ください(いつもの生活が入った竣工写真は後日掲載予定です。)
http://www.tonoma.net/works/tsuruhashi_renovation/

 

murai02

 

murai01

「富田林の住宅」現場・構造見学会

news

気がつけば春も落ち着きゴールデンウィークに入ってしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年はとぎれとぎれの祝日のせいもあってか、ほぼ通常通りの営業予定です。

さて、現在大阪富田林市で進行している「富田林の住宅」で、お施主様のご厚意により現場・構造見学会を開催するはこびになりましたのでご案内させていただきます。

この住宅は陶芸家のアトリエ付き住宅で、敷地は伝統建造物地区に指定されている富田林寺内町内、木造瓦屋根が連なる風景は当時の風情を今もなお感じることができるところにあります。その当時から残る路地に面した斜面地に建つこの住宅では、斜面地に沿うように住まいを、斜面地に浮くようにアトリエを設け、瓦葺きの屋根がものづくりの場と生活の場をつなぎ合わせています。斜面を下るように続いていく内部空間、在来構造の軸組など、現地でしか分からないことが多くありますので、実際に訪れご質問していただければと思います。是非ご参加お待ちしております。

IMG_1734

 

IMG_1750

 

IMG_1770

_  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _

富田林寺内町 伝統建造物地区内
「工房付き木造和風住宅」現場・構造見学会-予約制-

日時:
2016/05/04(水・祝)-05(木・祝) 11:00〜17:00
2016/05/14(土)-15(日) 11:00〜17:00

場所:大阪府富田林市富田林町内(※ご予約後に会場の場所をご案内致します。)
↓こちらよりご予約ください。
http://www.tonoma.net/contact/

現場見学会の見所
1.耐震構造設計に基づく金物と在来技術のハイブリッド和風住宅。
2.省エネに配慮した快適な住宅。アルミ箔付き高性能断熱材外張り工法の瓦屋根
3.風土にあった住宅。寺内町内の工務店と共に地域の景観を作る家造り。

※ご予約先 HP:http://www.tonoma.net/contact/ 又は 090-6558-5889 河田まで
※大切なお施主様のお宅なので、プライバシーの理由の為、完全予約制の完成見学会となっております。
※人数に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。
※ヘルメットを被り安全な部分での見学になります。

ご理解頂きますよう宜しくお願い致します。

_  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _  _

プロジェクト報告 と 高槻の町家 内覧会のご案内

house news

今年は暖かい冬の日が続いていることもあって、現場のスピードも幾分速く感じます。

さて、今週末から来週にかけて色々進んでいたプロジェクトもそれぞれ節目の状態を迎えます。高槻の住宅は、検査を無事終え今週末に引き渡し、来週には富田林の住宅の上棟式、橿原神宮前の住宅は実施設計が完了します。

IMG_1410富田林の住宅

IMG_8383橿原神宮の住宅 模型写真

大阪を拠点に設計事務所をはじめて、来年で10年目になりますが、気がつけばありがたいことにこれまで手がけた住宅は、大阪・兵庫・滋賀・奈良と少しずつ関西全体へと広がり、住宅の建築を通じてそれぞれの街の個性や地域の生活感みたいなものを少しばかりですが実感させてもらっています。こうした実感は均質な建物の街並みからは受けるものではなく、この場所で住むと決断したクライアントと共に、その地域・敷地でどのような生活・住宅が良いかを考えるこのプロセスを経るからこそ得られるものです。特に関西の地域性とクライアントの個性もあいまって、関西の風土に根ざした住宅建築にとても可能性を感じています。

現在進行中のプロジェクトはまさにこのような住宅です。幸いにも高槻の住宅では、クライアントのご厚意により2/20(土)に内覧会を開催することになりました。現在計画をお考えの方は、一つの参考になるかと思いますので、ご興味のある方は下記メールアドレスまでご連絡いただければと思います。

IMG_1452高槻の町家 リビング内観

高槻の町家 内覧会
2/20(土) 13:00〜17:00
場所などの詳細はこちらメールアドレスからお問い合わせください。
info@tonoma.net

明けましておめでとうございます。

news

明けましておめでとうございます。

年末年始は家族が一人増えたこともあって、私と妻の実家でよく食べよく休みのんびりと過ごしていました。昨年の3月に子供が生まれてから、早いものでもうすぐ1歳ですが、気がつけば夫婦二人の生活から家族三人で子供中心の生活になっています。そういうこともあって、あらためて「家」というものを新たな気持ちで考えることができています。
今年はこのような考えをもって取り組んでいる住宅が何件か竣工しますので、小まめにご報告できればと思っています。
昨年竣工した「鶴橋のリノベーション」を「建築とデザイン」にアップしていますのでこちらもご覧ください。

「鶴橋のリノベーション」

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年賀状裏

 

« old