平成最後のあけましておめでとうございます。

ニュース

新年あけましておめでとうございます。
大変ご無沙汰しておりますが、皆様お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は毎年恒例の夫婦それぞれの実家でゆっくり過ごしておりました。

さて昨年は、自身の設計事務所兼自宅である「とのまビル」が完成しました。
2015年に子供が生まれた時に設計がはじまったのですが、家族の形が変わったことや、その頃取り組んでいた「八田家住宅(2016年)」「橿原神宮前のH邸(2017年)」に向き合うことで、住宅建築の考えが大きく変化してきた頃でした。
最近改めてそれが何かをまとめだしているのですが、そのテーマを一言でいうならば「生活の中の建築」です。
それがどういうものかというと、例えば映画「ラ・ラ・ランド 」(2016年公開、監督デミアン・チャゼル)で、日常の中に不意に現れ不意に消える「ミュージカル」という非日常性のように、住み手の生活又は人生の中で、不意に現れたり消えたりするくらいの建築なのではないかと考えています。

今年のHPの抱負は、このように漠然と考えていたことを、自分自身の為にも具体的に書き留める事と、既に2ヶ月住みはじめていますが、建築を使用する生活者の立場としても、色々発信できればと思っています
何より実際に進行している2つのプロジェクト「天王寺の住宅」「西明石の陶芸工房付き住宅(リノベーション)」が、今月より着工しますので、こちらの詳細もご報告していきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

とのま一級建築士事務所 / 河田剛

新春のご挨拶

ニュース

新年あけましておめでとうございます
皆様にとっては、よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。

さて、本年は工事中のプロジェクト「橿原神宮前の住宅」「西天満のリノベーション」が続けて竣工する予定です。
「橿原神宮前の住宅」は、ここ最近の住宅を設計するなかでテーマになってきた、クライアントの「生活」の成り立ちをどのように建築にして、周囲の街並みの成り立ちの一部としてあり続けることができるかという事を、意識して作ってきた住宅となります。竣工まで良い建築が生まれるよう心掛けていきたいと思います。

また、「西天満のリノベーション」では、自身の生活と仕事の場所という事もあって、中々難しいところもありましたが、家づくりはこれまでの生活スタイルの事を見直す機会である事を改めて実感できた事もありますが、重要なのはこれからどういう生活をしたいかを具体的にイメージすることが大事だと感じました。

設計事務所をはじめて今年で10年目になります。西天満の新しい住まいと職の拠点から、これまで以上に良い建築を作っていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

この夏の色々。

ニュース

残暑お見舞い申し上げます。
9月に入り少しばかりか過ごしやすくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、この夏は富田林の「八田家住宅」が竣工し、「橿原神宮前の住宅」の工事が着工したところで、比較的ゆっくり過ごしておりました。
この2つの住宅は、南阪奈道路で30分ほどと近く、歴史が残っているせいか同じ街の雰囲気を感じます。山並みに囲まれた平地の中に古い建物と新しい建物が混じり合う風景がよく似ています。

こちらが8月上旬に行われた「橿原神宮前の住宅」の地鎮祭の様子です。周囲の風景をみてもこの雰囲気がよくわかると思います。西側には柿林が隣接しこの柿林越しの西日を抑制しながら象徴的に感じることができるように考えました。またその辺の様子は追々報告いていければと思います。

IMG_2096

そして、8月末には、竣工一ヶ月目に八田家に招かれて食事会を開いていただきました。息子もお姉ちゃんたちとたくさん遊んでもらいご機嫌でした。まだ残工事や、工房の工事と庭工事が残っているので、全て完成してから写真で報告したいと思います。

IMG_2308

明けましておめでとうございます。

ニュース

明けましておめでとうございます。

年末年始は家族が一人増えたこともあって、私と妻の実家でよく食べよく休みのんびりと過ごしていました。昨年の3月に子供が生まれてから、早いものでもうすぐ1歳ですが、気がつけば夫婦二人の生活から家族三人で子供中心の生活になっています。そういうこともあって、あらためて「家」というものを新たな気持ちで考えることができています。
今年はこのような考えをもって取り組んでいる住宅が何件か竣工しますので、小まめにご報告できればと思っています。
昨年竣工した「鶴橋のリノベーション」を「建築とデザイン」にアップしていますのでこちらもご覧ください。

「鶴橋のリノベーション」

それでは本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

年賀状裏